ゴールデンレトリバー>こんな犬です - ゴールデンレトリバーを飼ってみよう!

ゴールデンレトリバーの歴史情報をざっくりまとめてみました

19世紀前半に、スコットランド人によって改良されたのが始まりとされています。もともと水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬である。つまり猟犬ですね!


合図に忠実に従い、敏速に行動するよう訓練され、猟犬として何時間も猟場で活躍したり、泥の中に生い茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ち帰るお利口な労働犬なのである。

1925年頃に犬種として認定されたそうです。賢さ忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、しかも穏和な性格をしているので、世界中でペットとしても広く愛好されています。


でも実際、歴史なんてあまり必要じゃないですよね。最低限の事くらい知っておけば良いのではないかと・・・。問題はあなたとゴルちゃんとの間の、家族の歴史と信頼関係ですね!

ゴールデンレトリバーの外見について私が知っている二、三の事柄

1.被毛(コート)


名前の通り、輝く金色の毛なみが美しくキレイで、明るいクリーム色から暗い赤金色までの多彩な色合いで、鮮やかな光沢のあるゴールド色です。一般的に、濃い赤茶色をしているのがアメリカ系で、一方、グレートピレニーズのように真っ白な被毛に覆われているのがイギリス系と言われています。

体の前部、胸と腹の下、四肢の後ろ側、尾の下には、より明るめの長い飾り毛があり、その対照的な組み合わせがゴールデンをより一層美しく見せています。

毛はダブルコートといって、羽毛のような、白くて短いアンダーコート(下毛)と、弾力のある金色の長いトップコート(上毛)の二種類の毛を持っていますアンダーコートはフワフワで、体温を管理したり、雨などで少しくらい濡れても、皮膚まで濡らさないようになってます。

IMG_0393_2.JPG

2.大きさ


(サイズ)バランスの良い体つきで、雄は体高60cm前後、体重29〜34kg、雌は体高57cm前後、体重 26〜32kgで、体長は体高よりやや長め。頭頂部は張っており、垂れ耳で、アーモンド形の目は知性と温和な性格を表わし、敏活さと自信を兼ね備えた個性を持ちます。割合に骨量があり前肢と後肢は発達して、尻尾は地面に対して水平に保持ています。

3.その他


☆ゴールデンレトリーバーの歯並びは、鳥猟犬として、大きな野鳥などを回収するために「あご」の構成が重要視されるため、犬種標準でシザーズバイトと完璧な歯列が要求されています。

☆2種類のタイプ(イギリス or アメリカ)
同じゴールデンレトリーバーでも、国によって体格や性格が多少変わるようです。

イギリスタイプ:骨量豊富でずんぐりしていてマスティフ(邸宅や猟場の番犬・軍用犬として働いていた犬)に近く毛の色もゴールデン、つまり、クリーム色にきらきら輝いています。

アメリカタイプ:セッター(イギリス原産の鳥猟犬・中型犬)に近く、均整的でやや細身。
このタイプで固定された系統の中には、皮膚疾患を起こしやすい一群があります。

毛色は茶褐色で毛の色が赤く輝いています。


日本では近年、サイズオーバーや欠陥のあるものの輸入を避ける目的で、股関節・アイクリアーの証明書を要求し、それらをクリアしたものだけを輸入するようにしているそうです。

どちらも、共通しているのは、垂れた耳。あの、垂れている耳が愛きょうがあって、かわいさを倍増させます。

そして、長くてふさふさしたしっぽ。

この2つは、ゴールデンレトリーバーを代表する特徴ですね。

ゴールデンレトリーバーを飼う前に、種類や体の特徴をきちんと把握しておくことも大切ですね!

意外と違う?ゴールデンとラブラドールの共通点


ひと目見て分かる違いは毛の長さです。
ゴールデンはダブルコートで飾り毛がなびく程度の毛の長さがありますが、ラブラドールは短毛で身体にぴったりくっついた感じに見えます。
ゴールデンはその名の通り、色の濃淡の差はあっても基本はゴールド色です。


イギリスタイプ:ゴールデン、つまり、クリーム色にきらきら輝いています。ラブラドールは、薄茶(白〜茶)の他に、黒やチョコレート色の犬もいます。
アメリカタイプ:毛色は茶褐色で毛の色が赤く輝いています。


ラブラドールのほうが、顔立ちも四角い感じですが、こういう細かい違いは一目みただけではわかりにくいかもしれませんね。

性格はどちらもやんちゃで活動的。「室内飼いに適している」と言われていますが実際は正しい躾を入れなければ手に負えないほど元気な犬も多いです。


ただ、ちゃんと飼い主さんが学びながら育ててあげれば、とても賢く安定した性格の立派な家庭犬になれる犬種です。


盲導犬になるのはラブラドールが多いですが、盲導犬というのは性格的に好ましい犬達を計画的に繁殖している特別な血統の犬達ですから、これらの犬種を「盲導犬になる犬」だと思ってお迎えすると痛い目をみます…。

一般的なラブラドールはスポーツだったり様々な競技をこなす活動的で意欲溢れるやんちゃな犬種ですから。

よく、「黒いゴールデン」なんて言われる、毛の長めな黒いレトリバーはフラットコーデット・レトリバーという別犬種です。

家庭的な性格が特徴のゴールデン!

室内飼いに適していると言われてるゴールデンレトリーバーの性格は、見た目にそのまま表れているといっても過言ではないでしょう。とっても優しいオーラが漂っているのが顔に出ています!

大変温和で、攻撃性も少なく、小さな動物や子どもにもとてもやさしく友好的。知的で辛抱強く、天性の服従性を持つと言われています。

marly.jpeg

だいたいの犬は、子供を苦手としているそうですが、ゴールデンレトリーバーは子供や他の動物にも友好的です。なぜかと言うと、レトリバーは滅多に怒らないからと言われています。なので、どちらかというと、番犬には向きません。(ワンちゃんにも適性というものがあるのだといえます。)

また、ゴールデンレトリーバーの歴史からも分かるように、人間に協力してお仕事をする犬だったので、賢くて、人間に従順というところもあります。人間の言うことをよく聞いて、人間の意図をくみ取ってくれます。おとなしく、落ち着いているという面もあり、無駄吠えをすることは、あまりありません。

とにかく人が大好きで、人との繋がりを大切にしているので、一人ぼっちにされたり、長時間ほったらかしにされると、ストレスを感じてしまいます。大きな犬種ですが、室内で家族とふれあいながら暮らせる環境が理想的でしょう。
ECO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。