マーリーのこと>去勢、避妊について - ゴールデンレトリバーを飼ってみよう!

犬の去勢、避妊について考える

この記事を書くまで、避妊について深く考えていませんでした。と言うのも後日我が家の”マーリー”を避妊手術させるのですが、始めは病気のリスクが減ると聞いていたし、生理になると出血が大変だから、避妊はした方が良いなと簡単に考えていました。


しかし手術日が迫ってくるにつれ、ふと考えてしまうのです、「あぁ、もうマーリーは子供が産めないんだなぁ」と。そしてさらに悲しいのは、先日発覚したのですが私はどうやら”自然妊娠”ができない体なのだそうです・・・。私は人工授精を挑戦して、どうしても子供が欲しいのですが、一方マーリーは手術によって妊娠出来ない体になってしまうのです。


blog_IMG_0833.jpg


そう考えると、複雑な気持ちになってきます。始めは良かれと思って避妊の予約を下のに、今ではとても不自然な行為にも思えます。そこでこれらをふまえて、去勢や避妊について考えてみる事にします。

メス犬の避妊 本来の目的

今回は避妊の目的について考えてみます。

まず大きな目的は、不幸な犬を作らないと言う事だそうです。まだ田舎の方であるそうなのですが、犬を放し飼いにしている家があるそうで、その犬がフラフラッと他人の家の犬と交尾をしてしまい、知らぬ間に妊娠、出産してしまうそうです。そのような場合、飼いきれない子犬達は、捨てるか殺すしか無いそうです。無駄な殺生をやめると言う目的ですね。

それともう一つが、遺伝性の病気を次の世代に伝えない為、またはホルモン性アレルギーの治療目的などがあるそうです。


しかし最近では番犬としてではなく、家族として迎え入れられるケースが多いそうで、中には多頭飼いの家庭も増えてきています。このような場合、望まない妊娠を防ぐと言う訳ですね。

そして室内で飼うケース。オス犬の場合排泄時の足上げやマーキング、メス犬の場合ヒート時(生理)にソファやカーペットを汚されない為と言う目的もあるそうです。


そこで、避妊によるメリット、デメリットを表にしてみました。


避妊をした場合 避妊をしない場合
良い点 悪い点 良い点 悪い点
様々な病気のリスクが減る 子供が産めなくなる 子供が産める 陰部から出血
部屋が汚れない 肥満になりやすい 自然体で育てられる 陰部から不快な匂い
望まない妊娠を防ぐ 頻尿、失禁が増える? オス犬が寄ってくる
発情期のトラブルが減る 手術のリスク 病気のリスクがある
性格が変わる場合あり


このように表にしてみると解りやすくなり、納得する事が出来ました。残念ながら我が家には経済力もあまり無いですし、私の調べによりますと、レトリバーに多い”股関節形成不全”は、性ホルモンの影響が示唆されているので、不妊治療も予防策の一つだそうです。

このように病気のリスクの事を考えると、避妊はした方が良いのかもしれませんね。子供を産ませるのであれば別ですが。
ECO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。