ゴールデンレトリバー>知っておきたい病気のこと - ゴールデンレトリバーを飼ってみよう!

股関節形成不全

レトリバーをはじめ、大型犬に多いと言われている関節疾患です。遺伝性に加え、性別や生活環境、性格、食事内容などさまざまな理由がからみあって発病し、放っておくとどんどんひどくなり、日常生活にも支障をきたすようにようになるとのことです。

レトリバーのような大型犬が動けなくなってしまったらとても大変ですし、痛がっている姿を見るのはとても心が痛みます。

さらに詳しい”股関節形成不全”の内容は、↓↓↓続きを読むへ↓↓↓



”股関節形成不全”の続きを読む

皮膚病


体をかゆそうにしていたり、皮膚が赤くなったり、湿疹が出たり・・・。

症状が目に見えやすい皮膚病は、日々のスキンシップを欠かさなければ早期発見しやすい病気です。ただ、さまざまな要因が考えられるため、病気の理由をつきとめるには時間がかかることが多いそうです。



さらに詳しい”皮膚病”の内容は、↓↓↓続きを読むへ↓↓↓


”皮膚病”の続きを読む

悪性腫瘍

増加傾向にある犬の"がん"。人間同様、はっきりした発症の原因はわかっていないそうだ。"がん"から愛犬の命を守るには、とにかく早期発見・早期治療が大切だ。

免疫力が大きく影響する悪性腫瘍(がん)とは


腫瘍とは、本来の機能と異なる体細胞が過剰に増殖する病気のこと。体細胞は普通、必要な時に必要な分だけ増殖してカラダを構成しているが、この体細胞が無秩序に分裂・増殖を繰り返した結果、異常な組織がつくられ、それが”腫れ物”や”しこり”となって現れる。

腫瘍はカラダのどこにでもできるが、多くは臓器や組織中にできる。良性と悪性があり、悪性腫瘍がいわゆる”がん”。悪性の場合は増殖のスピードが早く、周囲の組織へ広がったり、他の場所に転移して病巣を拡大し、治療しても再発することもある。



さらに詳しい”悪性腫瘍”の内容は、↓↓↓続きを読むへ↓↓↓続きを読む
ECO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。